ご挨拶Message

日本歯科医学会連合における日本歯科専門医機構設設立への道

 平成30年(2018年)4月2日に(一社)日本歯科専門医構が設立されました。そこに至るまでに(一社)日本歯科医学会連合がどのように関わってきたかについて、そして今後の役割について述べておきます。
 平成25年4月から日本歯科医師会が公益法人としてスタートしました。これに伴って独立会計で運営されてきた日本歯科医学会は(公社)日本歯科医師会の一つの組織という位置付けになりました。日本歯科医学会の事業は日本歯科医師会定款の中で示されており、現在も透明性、根拠を持ってさまざまな取り組みを行っています。しかし、事業を進めていく上において、法人格を求められるものもあり、日本歯科医学会において、法人資格のある学術団体の設立に関する協議会を設置し、検討しました。そして、日本歯科医師会との協議を進め、平成27年4月に(一社)日本歯科医学会連合(以下、学会連合)が設立されました。
 この法人格を持った学会連合が取り組む事業は(一社)日本医学会連合と同様に、一つは(一社)日本医療安全調査機構への加入であり、日本歯科医師会とともに歯科界への周知を図ることです。そして、もう一つが歯科専門医機構の設立ならびに運営に協力するということでありました。
(一社)日本医療安全調査機構への加入は平成27年5月に実現し、今回晴れて(一社)日本歯科専門医機構(以下、機構)の設立への支援が出来ました。今後は機構が、体力をつけて日本の歯科界における専門医の拠点組織として活躍できるように引き続き協力支援をしてまいります。

理事長 住友 雅人
平成30年5月9日

TOPへ戻る